とんこつラーメンデータベース

こってり濃厚なとんこつラーメンは、全国的に多くのファンを持つ人気のラーメンです。ですが、その美味しさはいつ、どのようにして誕生したのでしょうか。元祖とはどこのお店でしょうか。

そして、どのように進化したのでしょうか。知れば知るほど、その味の奥深さが癖になるとんこつラーメンについて、詳しく調べてみました。

とんこつラーメンのルーツ

とんこつラーメンが誕生した経緯は諸説ありますが、そのなかでも外せないのが福岡県久留米市にある南京千両です。昭和12年(1937年)のことでした。当時、うどん屋を営んでいた宮本時夫さんは、横浜に住む実弟から志那そばの話を聞き食べに行きました。

まだ、横浜中華街が南京街と呼ばれている頃で、支那竹が入った支那そばは、大流行していたのです。早速、宮本さんは支那そばの味を学び久留米へと戻ってきました。宮本さんは、南京街で覚えてきた支那そばに、自身の故郷の味である長崎ちゃんぽんの味を足して、何度も何度も味の研究を重ねました。

そして、ようやく完成したのがとんこつラーメンです。白さのなかにも透明感のあるとんこつスープの味は、意外にも薄味であっさりしたものでした。宮本さんは南京千両という店名を掲げ、店舗を経営しながら、明治通りや文化街まで屋台を引き、とんこつラーメンを提供していました。

やがて、その評判は広まりあっという間に人気を得ました。久留米を訪れた際には、南京千両でとんこつラーメンのルーツとなった味を堪能するのも良いのではないでしょうか。

とんこつラーメンの変化

とんこつラーメンというと、こってりとしたスープを連想する人も多いのではないでしょうか。

この、こってり濃厚なスープが誕生したのは、昭和22年(1947年)のことです。(関連情報 … とんこつラーメン屋 … 鶴亀堂)

そして、スープが誕生したのは、ある偶然の産物でした。三九という屋台の店主である杉野勝見さんが留守の間に、誤ってとんこつが煮立ってしまったのです。白濁としてしまったとんこつスープは意外にも味が美味しく、人々の注目を集めました。

こうして、現在のとんこつラーメンが完成したのです。この白濁したとんこつラーメンは、久留米ラーメンとも呼ばれ、鹿児島以外の九州各地に影響を与えました。そして、いつしか博多ラーメンと呼ばれるようになったのです。

北海道のとんこつラーメン

とんこつラーメンというと、九州とイメージする人も多いのではないでしょうか。ですが、実は九州以外にもとんこつベースのスープを使っているラーメンがあるのです。それは、北海道のラーメンです。寒い地域である北海道では、濃厚なとんこつラーメンが好まれます。

特に、函館ラーメンでは透明なとんこつの清湯スープが特徴的で、九州のとんこつラーメンとはかなり味に違いがあります。そして、北海道でとんこつベースのスープが多いのには、北海道の先住民族であるアイヌ文化が大きく関わっているとされています。

アイヌ料理のなかにはソップというとんこつを使った料理があり、北海道ラーメンでとんこつが使われることが多いのは、こうしたアイヌ料理の影響を受けていると考えられています。北海道を訪れた際には、九州との違いを比べてみるのも良いのではないでしょうか。

とんこつラーメンとダイエット

とんこつラーメンはカロリーが高いので、ダイエット中は無理と考えている人もいるでしょう。ですが、それはかなりもったいないことをしているかもしれません。実は、とんこつラーメンはダイエットの味方でもあるのです。

その秘密はとんこつスープの材料である豚骨にあります。豚骨など骨からとったスープのことをボーンブロスと言います。そして、このボーンブロスには、ダイエットに必要な栄養素がたっぷりと含まれているのです。ボーンブロスに含まれているグルタミン酸には、生活習慣の乱れや糖質の摂取などで疲れた腸を修復してくれる効果があります。

更に、グリシンという肝臓の解毒作用を高める成分も含まれています。このグリシンの効果で腸の炎症は抑えられ、インスリンの分泌が正常に戻り、肥満が防止されるのです。とんこつラーメンはダイエットに向かないとされていますが、その理由は食べ方にあります。

とんこつラーメンというと、細麺が主流で、更に硬めのイメージがあります。細麺だと満腹感を得ることがなかなかできないため、ついつい替え玉をしてしまいます。麺に使われている小麦粉は炭水化物で、糖質を多く含んでいます。

そのため、とんこつラーメンは太りやすいとされているのです。そして、とんこつラーメンはトッピングができることも魅力です。このトッピングが多いのも太りやすい原因にもなっているのです。つまり、とんこつラーメン自体が太るのではなく、その食べ方に問題があったのです。

とんこつラーメンの栄養

とんこつラーメンは、実は栄養がたっぷり含まれているメニューなのです。とんこつスープには、カルシウムやカリウム、マグネシウムといったミネラルや、コラーゲンやコンドロイチンといった肌や軟骨に良い成分がたっぷりと含まれています。

とんこつスープは、健康にも美容にも良い成分なのです。ミネラルが豊富に含まれているということは、体内の水分バランスを整えてくれて、余分な水分を排出してくれます。この効果により、むくみが解消され、スッキリとした印象になります。

更に、コラーゲンがたっぷりと入っているので、肌や髪に効果的です。カサカサしていた肌がふっくらしてきたり、髪に艶が戻ってくるので、女性にとってはかなり嬉しい効果があります。更に、とんこつスープには動脈硬化や高血圧を予防してくれる効果もあるので、まさに理想的な食材といえます。

そして、とんこつラーメンといえばキクラゲと連想する人もいるでしょう。実は、このキクラゲにも健康効果かあるのです。キクラゲには。骨の成長に欠かせないビタミンDもたっぷりと含まれています。そして、鉄やカルシウムといったミネラルも多く、体に必要な栄養素を摂ることができます。

更に、豊富な食物繊維が含まれているので整腸作用があり、低カロリーであることからダイエットにも効果があります。とんこつラーメンは、疲れたときの体と肌に、とても優しい食品なのです。唯一、とんこつラーメンは塩分が多い食品でもあるので、いくら健康に良いからといって食べ過ぎには注意する必要があります。